【最新刊】夢見る帝国図書館

夢見る帝国図書館

中島京子

1,629円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    私が年の離れた友人から依頼されたのは「図書館が主人公の小説」だった。本に学び、本を守り、本を愛した人々の物語。文章修業をしている「わたし」は上野図書館に並々ならぬ愛着を抱く喜和子さんに出会い、年齢差を超えた友情を築いてゆく。喜和子さんは「図書館そのものを主人公にした小説を書いてよ」と持ちかけるが、多忙になったわたしは書けないままに喜和子さんとも疎遠になってしまう。久しぶりに再会した喜和子さんは老人ホームに居た。友情が復活するも、喜和子さんは病気で亡くなり、娘だという女性は冷たくてとりつくしまもない。わたしは、喜和子さんが生前に「もう一度読みたい」と言っていた本のタイトル『としょかんのこじ』を手がかりに、喜和子さんの半生、そして彼女が愛した図書館の歴史を辿り始める……。わたしと喜和子さんの物語と、夢とも現ともつかない図書館が主人公の小説が、折重なり、近代化する日本で人々がいかに「図書館」を愛してきたかが浮かび上がる。本を愛するすべての人の胸を熱くする図書館小説です!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/05/18
    連載誌/レーベル
    文春e-book
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(146件)
    • 夢見る帝国図書館
      2019/07/06

      題名に「図書館」と入ってるだけで、読んでみたくなる。その前に「帝国」とある。「大英帝国」のことかな、と考える。まだその上に「夢見る」とついている。ユメ子さん? シャンソン人形? 図書館はふつう夢を見な...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 夢見る帝国図書館
      2019/09/01

      Ueno park(Tokyo, Japan) has lots of cultural facilities like art museums, a science museum and a lib...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 夢見る帝国図書館
      2020/05/22

      「ねえ、どうして、図書館ってものが作られたのか、あんた知ってる?」
      (略)
      「福沢諭吉が洋行したわけよ」
      「あ、福沢諭吉がね。1万円札の」
      「そう。そして帰ってきて言ったわけ。『西洋の首都にはビブリオ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード