Pythonによる制御工学入門

著:南裕樹

2,808円(税込)
1%獲得

28pt(1%)内訳を見る

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。※この電子書籍は紙版書籍のページデザインで制作した固定レイアウトです。Pythonを使って制御工学を行うための入門書本書は、Pythonを使って制御工学を行うための入門書です。機械学習やデータマイニングで多用され、さらにその枠を越えて主流のプログラミング言語となりつつあるPythonを制御系設計に導入したい人向けに、Pythonプログラムを実行しながら「使ってみる,やってみる」を通して、制御工学を体感することができる書籍です。現場でよく使われている伝達関数モデルを対象とした古典制御、および、状態空間モデルを対象とした現代制御やロバスト制御の基礎について、Pythonのサンプルコードを多数掲載しています。さらに、はじめて制御工学を学ぶ人や一度挫折して学び直したいと思っている人にも読みやすいよう、図やイラストを多用しています。これから制御工学に携わる方々にとって必読の書です。第1章 制御とは第2章 Pythonの基礎第3章 制御のためのモデル第4章 制御対象のふるまい第5章 閉ループ系に注目した制御系設計第6章 開ループ系に注目した制御系設計第7章 アドバンストな制御系設計

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード