実行力 結果を出す「仕組み」の作りかた

著:橋下徹

800円(税込)
ポイント 8pt

通常ポイント:8pt

38歳で大阪府知事に就任し、数々の改革を成し遂げてきた橋下徹氏。大阪府庁1万人・大阪市役所3万8千人の職員、組織、そして国をも動かして結果を出してきた秘訣とは何か。年上の部下や並いる反対派をいかにして説得・掌握し、大阪の大改革へと舵を切ったのか、その手腕を初めて明かす。 ●「敵」はあえて側に置く ●リーダーと現場の仕事の切り分けかた ●チーム作りの「失敗の本質」……など、自身の経験や例を挙げつつ、具体的に解説。部下と上司を動かし、チームや組織を変える。今の時代に一番必要なのは、アイデアではなく「実行力」だ。橋下流「君主論」の全貌。 【目次】●第1章 まずは、人を動かす――実行のための人間関係、人事の要諦 ●第2章 本当に実行すべき課題はどう見つけるか――橋下流・問題解決のノウハウと、マインドの持ち方 ●第3章 実行し、信頼される人の条件とは――部下は結局、上司の背中を見て動いている ●第4章 実行のための「ビジョン作り」と「チーム作り」――結果を出す「仕組み」はこう作る ●第5章 上司を動かし、提案を通す――「トップの視界」を想像しながら仕事をする ●第6章 情報を制する者は、組織を制す――強い組織は、情報共有の横串がしっかり入っている ●第7章 日本と大阪を「実行できる組織」にするために――徹底的に考え抜かれた大阪都構想の実行プロセス

続きを読む

レビュー

4
15
5
5
4
6
3
4
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/07/13Posted by ブクログ

    38歳で大阪府知事になった。いまの自分と同じくらいだ。
    大阪都構想の目的、取組の仕方がわかり良かった

  • 2019/07/10Posted by ブクログ

    とても分かりやすい。さすが橋下さん。

    ビジョンや議論だけでは、何も生まれない。実行プランや工程表を練りに練り、それを実行できる組織体制を組み、そこに権限を与えて始めて改革は実現できる。

    大阪府とい...

    続きを読む
  • 2019/07/04Posted by ブクログ

    大阪府知事、大阪市長時代に何をしたのか?
    がテーマ。
    大阪都構想に賛成の人はもちろんですが、反対の人こそ読むべきでしょう。

    それにしても、この方は常人ではありませんな。

もっと見る

セーフモード