最強の通勤電車―週刊東洋経済eビジネス新書No.297

編:週刊東洋経済編集部

324円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

    “痛勤”の象徴だった通勤電車が進化している。首都圏や関西圏では新規路線計画が相次ぎ浮上。既存路線は設備投資に多額の資金をつぎ込んでサービスを改善。背景には、人口の変化を踏まえた鉄道会社間の競争激化がある。日本全体の人口は減少する中で東京は別。流入者が増え2030年まで人口増が続くとみられている。沿線の魅力を高めて人を呼び込めれば、鉄道利用者をさらに増やすことができるのか。勝ち残る最強の通勤電車はどこだ!。本誌は『週刊東洋経済』2019年2月16日号掲載の20ページ分を電子化したものです。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード