もう愛の唄なんて詠えない

著:さだまさし

585円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    「挫けるな。社会に丸め込まれるな。自分の『夢』を風に乗せてみよう。決して諦めずに生きよう」地震に見舞われた山古志村で頑張る人々、北京で出会った日本人学校の子供達、拝金主義の台頭、急激に増えた中高年の自殺者……。日本の美しさ、命の大切さを歌い続けてきたさだまさしが、国を憂い、懸命に生きる人々にエールを送るエッセイ集。

    続きを読む

    レビュー

    0
    0
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/08/03Posted by ブクログ

      実はよっちんは芸風に似合わずさだまさし氏が大好きです。実家のおかんが好きでその影響ですね。さだまさしを聞くと「生きること」についてとても謙虚な気持になります。納得させられたり、心があたたまるエッセイで...

      続きを読む

    セーフモード