貿易専門家が解説する日本貿易史。遣唐使廃止から清盛の日宋貿易までの貿易世界。

姉崎慶三郎/MBビジネス研究班

438円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    さっと読めるミニ書籍です(文章量15,000文字以上 20,000文字未満(20分で読めるシリーズ)=紙の書籍の30ページ程度)【書籍説明】本書では、8世紀から12世紀までの貿易の流れを追いながら、遣唐使廃止以後の、日本国の貿易世界を見る。遣唐使は廃止して外交はなくなるが、海商との貿易は行った。自らは海外に行かないが、来るものは拒まないという、日本の消極的な方針が生まれる。その後どのような経過を経て清盛の貿易革命につながるのか。10世紀後半から始まった日宋貿易は分からないことが多い。宋からの商人は、博多の鴻臚館で貨物を引き渡すと、朝廷からの役人が支払代金を持参した。宋銭はなぜ輸入されたのか。宋銭は宋が輸入するための代金だったのか。日本は輸入品の支払いには何を払ったのか。宋銭は実は輸出禁止だった。なぜ、そして、どのようにして日本に持ち込まれたのか。【目次】1.8世紀から12世紀までの貿易を概説する2.官貿易の時代3.海商の出現 4.東アジアの政治勢力の交替5.波打際貿易から住蕃貿易へ6.清盛の貿易革命 7.密輸の手口を解説する8.貿易の歴史という題名の本がないわけ【著者紹介】姉崎慶三郎(アネザキケイザブロウ)千葉市在住。元商社勤務。海外駐在員経験2回。長年の海外ビジネス経験を生かして、当時合格率8.4%で、日本全国で400名もいない超難関貿易資格「ジェトロ認定貿易アドバイザー」を一浪… 以上まえがきより抜粋

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード