【最新刊】『日本書紀』だけが教える ヤマト王権のはじまり

『日本書紀』だけが教える ヤマト王権のはじまり
1冊

伊藤雅文

1,058円(税込)
ポイント 10pt

通常ポイント:10pt

初代天皇は301年に即位した! ――『日本書紀』新紀年論2020年が完成1300年! その『日本書紀』解明を目指し、新しいアプローチ法で古代史の真実に迫る。定説・通説を覆す新説・新解釈を満載した一冊。主な内容『日本書紀』には『原日本紀』が存在した。『原日本紀』は各天皇の治世に「無事績年(事績の記されない年)」のない編年体で記された。それに紀年延長操作を加えて、720年、『日本書紀』は完成した。だから、『原日本紀』を復元することこそが、古代史の真実に近づく最善の方策である。【倭の五王「讃」「珍」「済」「興」「武」を比定する。】『日本書紀』は中国史書に名を残す倭の五王を記さない。『宋書』をはじめとする中国史書と『原日本紀』の編年を対比させることにより、当時の状況を見つめなおし、倭の五王が誰だったのかを考察する。【神功皇后は卑弥呼をもとに創造された。】神功皇后は、唐に対して日本の皇統の正当性や歴史の長さを宣言するために、暗示的に創造された女帝である。そのために、「魏志倭人伝」の卑弥呼および壹与をトレースした人物像を与えられている。【武内宿禰像を再構築する。】300年を超える寿命で伝説上の人物とされている武内宿禰の人生を、『原日本紀』の年表上から再検討する。その結果、長寿ではあるが確かな実在の人物として、武内宿禰が古代史上に像を結ぶ。【「白鳥」がつなぐ日本武尊と誉津別命。】武内宿禰とは対照的に30歳で早世した英雄である日本武尊を軸に、垂仁天皇から仲哀天皇にいたる天皇紀を検証する。『日本書紀』の延長された紀年を正すと、「白鳥」で結ばれた二人の関係が浮かび上がる。【「東征」はいつ、誰がしたのか。】神武天皇は実在したのか? 欠史八代をどう考えるのか? 初期天皇の考察を通して『原日本紀』の編年表が完成する。東征開始は294年、初代天皇即位は301年の「辛酉年」という結論にいたる。【継体天皇の二王朝並立説を考える。】『原日本紀』復元のその先に見えてくるものについて考える。継体朝と仁賢・武烈朝の二王朝並立について、『原日本紀』段階で直列化された痕跡を、二つの王朝紀に書かれた記事の奇妙な一致から探る。【古墳時代の三大金石文を解釈し直す。】『原日本紀』の年表にしたがえば、「七支刀」「隅田八幡神社人物画像鏡」「稲荷山古墳金錯銘鉄剣」の銘文はどのように解釈できるかを検証する。各金石文にまつわる新たな物語がみえてくる。

続きを読む
提供開始日
2019/05/09
連載誌/レーベル
扶桑社BOOKS新書

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード