【最新刊】大前研一 世界の潮流2019~20

大前研一 世界の潮流2019~20

大前研一

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【内容紹介】マッキンゼー伝説のコンサルタントが解説 2時間でわかる政治・経済・産業動向!! 大前研一氏が、世界・日本の経済・政治・産業について手に取るように解説できるのには理由があります。毎朝4時に起きてBS放送を観るのが習慣で、他にも世界各国の新聞、WEB、雑誌などから気になった記事をピックアップし、毎週日曜日に自身が創業したBBTの2時間番組でアウトプットしているからです。またプレジデント誌、週刊ポストなどで記事の連載も受け持ち、本の執筆も精力的に行っています。これから世の中の流れがコンパクトに分析されていますので是非、ご一読頂けると幸いです。大前研一(おおまえ・けんいち)(株)ビジネス・ブレークスルー大学学長早稲田大学卒業後、東京工業大学で修士号を、マサチューセッツ工科大学(MIT)で博士号を取得。日立製作所、マッ キンゼー・アンド・カンパニーを経て、現在(株)ビジネス・ブレークスルー代表取締役社長、ビジネス・ブレークスルー大学学長。著書に、『「0から1」の発想術』『低欲望社会「大志なき時代」の新・国富論』(共に小学館)、『日本の論点』シリーズ(小社刊)など多数ある。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/05/09

    レビュー

    • 2019/05/15Posted by ブクログ

      大前さんの本のなかではかなり分かりやすい一冊。昨年も2018年予測とか読んだけど、今年はトランプ政権によるミーファーストの流れ、デジタルイノベーションによるグローバル化、今後必要とされる人材像などが書...

      続きを読む
    • 2019/08/29Posted by ブクログ

      世界の秩序は激変している
      独裁型国家が力を持ち出した、人口こそ正義
      人材のいるところに企業、資本が進出
      ピークのすぎた世界経済
      リセッションに入った中国経済

      アカデミアと現実の乖離

      インドは民主派...

      続きを読む
    • 2019/05/25Posted by ブクログ

      日本社会の流れ、世界の潮流をある程度意識している人であれば「目次」を読めばどういった内容かがわかると思いますが、この一冊で参考になったのは、多用されているスライドというか独自の資料。

      非常にわかりや...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002171966","price":"1320"}]

    セーフモード