【最新刊】BLUE MOMENT ブルーモーメント Vol.1

BLUE MOMENT ブルーモーメント
1冊

著者:小沢かな 監修:荒木健太郎

702円(税込)
ポイント 7pt

通常ポイント:7pt

天気予報が存在するたったひとつの意味、それは―――仕事はできるが難のある性格が災いして派遣先をクビになった雲田彩(ルビ:くもたあや)。彼女が新しい職場・気象庁気象研究所で出会ったイケメン研究官”雲王子”こと晴原勘九朗(ルビ・はるはらかんくろう)には、もう一つの顔があった。それは自然災害から人命を守るために活動する【SDM本部(特別防災対策本部)】の一員として災害発生現場の最前線で奮闘する姿で―――。集中豪雨、河川氾濫、台風……。命を守るために、出来ることは、やるべきことは……!?知恵と知識で気象災害から命を守れ! 気象災害に立ち向かう本格ドラマ! 出会いと誓いの第一巻!【著者プロフィール】著者:小沢かな漫画家。イラストレーター。青い空好きが高じて、自家用操縦士(上級滑空機)の資格を取得。空に関する作品を多く手がける。著書に『ブルーサーマル- 青凪大学体育会航空部-』(新潮社)、気象絵本『せきらんうんのいっしょう』(ジャムハウス/イラスト担当)など。講談社「ハツキス」にて『野々宮月子はいつも眠い』連載中。Twitter:@kana_ozawa_blueFacebook:@kana.ozawa.bluethermal監修:荒木健太郎雲研究者。気象庁気象研究所研究官。博士(学術)。専門は雲科学・気象学。防災・減災のために、災害をもたらす雲の仕組みを研究している。著書に『雲を愛する技術』(光文社)、『雲の中では何が起こっているのか』(ベレ出版)など。小沢かなとの共著に『せきらんうんのいっしょう』『ろっかのきせつ』(ジャムハウス)がある。Twitter:@arakencloudFacebook:@kentaro.araki.meteor

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4
2
5
1
4
0
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/07/14Posted by ブクログ

    これ面白いやー。もっと専門用語とか小難しいのかと思ったら、助手のもう1人の主人公?の女の子の行動力とビシバシ言っちゃうのがスカッとする。次巻は秋だね、買おう〜!

  • 2019/06/01Posted by ブクログ

    ジャケ買い。天気予報が命を守ることを改めて実感。おそらくこだわりの表紙カラーも綺麗。でも晴原の過去の話は辛過ぎた。色々疑問なので続刊で回収されるといいんだけど。

セーフモード