【最新刊】落陽 文庫版

落陽 文庫版

朝井まかて

792円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    明治四十五明治天皇崩御――直後、渋沢栄一ら東京の政財界人は御霊を祀る神宮造営を計画、その動きは巨大なうねりになっていく。一方、帝国大学農科大学の本郷高徳らは、「風土の適さぬ東京に神宮林にふさわしい森を造るのは不可能」と反論、大激論に。東都タイムスの記者瀬尾亮一は、対立を追う同僚に助力するうち、取材にのめり込んでいく……。献木十万本、勤労奉仕のべ十一万人、完成は百五十年後という造営事業を成し得させた天皇と日本人の絆に迫る著者入魂作!年七月、天皇重体の情報を掴んだ東都タイムスの瀬尾亮一は、宮中の大事が初めて庶民の耳目に晒される状況に記者魂を揺さぶられる。快復を願う万余の人々が宮城前に額ずく中、天皇は崩御。直後、渋沢栄一ら東京の政財界人が「御霊を祀る神宮を帝都に創建すべし」と動き始める。一方、帝国大学農科大学講師の本郷高徳は、「風土の適さぬ地に、神宮林にふさわしい森厳崇高な森を造るのは不可能」と反論。しかし、曲折の末に造営が決定すると本郷は、取材をする亮一に“永遠に続く杜”造りへの覚悟を語った……。直木賞作家が、明治神宮創建に迫る書下ろし入魂作!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/05/10
    連載誌/レーベル
    祥伝社文庫
    出版社
    祥伝社
    ジャンル
    文芸
    • 落陽 文庫版 全 1 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      落陽 文庫版 全 1 巻

      792円(税込)
      7pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(12件)
    • 落陽 文庫版2019/06/25Posted by ブクログ

      明治天皇の崩御にともなって、明治神宮が出来る。
      神聖な人口の森(杜)を作る為の、ストーリーが楽しめる。

      日本という国が、江戸という共和国からから脱却して一つの国になった。
      その初代元首の苦悩と人とな...

      続きを読む
    • 落陽 文庫版2020/06/09Posted by ブクログ

      明治という時代を生きた人々の気持ちを想像しながら読める作品でした。
      読み終えてから、冒頭部分を読み返しました。
      もう一度読みたいと思う作品。

    • 落陽 文庫版2020/08/24Posted by ブクログ

      明治天皇崩御に際し、渋沢栄一ら政財界人は神宮を帝都に創建すべしと主張するが、林学者の本郷高徳らは風土の適さぬ土地に森を造るのは不可能と反論し、大激論となる。
      大衆紙の記者瀬尾亮一は神宮造営を調べる同僚...

      続きを読む
    開く

    セーフモード