【最新刊】マスメディアの罪と罰

マスメディアの罪と罰
1冊

高山正之/阿比留瑠比

1,080円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

    ◎朝日新聞、NHKの正体!◎マスコミの逆は全て正解!?◆真実は“歴史”を知ることで、見えてくる!◆産経新聞 OB×現役 大激論!◆反日ジャーナリズムはなぜ生まれたか!・モンスター化するメディアの騙しの手口・欧米リベラルメディアの没落・朝日新聞が安倍晋三を目の敵にする理由・教育を壊す左派リベラル■メディアに勝つトランプと安倍晋三■イラン問題に見るアメリカの新聞の特徴■アメリカ始まって以来の政府と新聞との亀裂■日本を美談の主にはしないという歴史歪曲■20世紀100大ニュースのトップは「白人の勝利」■マルクスレーニン主義と朝日新聞と日教組■北朝鮮、文化大革命、ポルポトを礼賛したマスコミ■国税庁を持つ財務省の怖さ■同じことの繰り返しが現在のジャーナリズム■ジャーナリストは人を監視する特権階級だと思い込むバカ著者プロフィール高山正之 たかやま・まさゆきジャーナリスト。1942年生まれ。東京都出身。東京都立大卒業。65年産経新聞社入社。社会部次長を経て、1985年から1987年までテヘラン支局長、1992年から1996年までロサンゼルス支局長。1998年より3年間、「高山正之の異見自在」を執筆。2001年から2007年まで帝京大学教授を務める。著書に変見自在シリーズ(新潮社)、『アジアの解放、本当は日本軍のお蔭だった!』(ワック)など多数。阿比留瑠比 あびる・るい産経新聞論説委員兼政治部編集委員。1966年生まれ。福岡県出身。早稲田大学政治経済学部卒業。1990年、産経新聞社入社。仙台総局、文化部、社会部を経て、1998年から政治部。首相官邸、自由党、防衛庁(現防衛省)、自民党、外務省などを担当、首相官邸キャップ、外務省兼遊軍担当などを歴任。著書に『安倍晋三の闘い 官邸からの報告』(ワック)など多数。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/05/10

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード