【最新刊】新元号「令和」に秘められた暗号 元号で見る日本の歴史

新元号「令和」に秘められた暗号 元号で見る日本の歴史

1冊

著:安藤優一郎

1,188円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    新感覚! 衝撃!248の元号を追っていくと、新たな日本史が見えてくる!元号は日本の歴史を語るうえで欠かすことのできない存在であり、「歴史の一大事には必ずといっていいほど元号が添いる。2019年5月から改元を控え、新元号に込められた意味、また元号とは何か?、なぜ元号が使われるのか?、元号は漢字2文字でなければならないのか?、元号はどのように決まるのか?、元号は誰が決めるのか?といった元号に関する解説していく。さらには飛鳥・奈良時代の「大化」から始まる248の元号の歴史を追っていく。元号から日本史を見ると、まずは「改元をする時の権力者」がわかる。元号は最終的には天皇が決めるが、改元を進言するものが権力を掌握しているのだ。関白、将軍、執権など権力誇示として改元が使われてきた足跡も垣間見える。 また、「なぜ、改元する必要があったのか」では、地震や水害などの天変地異による改元、はしかや天然痘の流行による祈祷を込めた改元、または金や銅が発見されたことに対する喜びによる改元、天皇の代替わりによる代始の改元など、改元理由だけを見ても、各時代での「元号に込められた意味や願い」がわかる。 さらには元号に使われた文字からは、どのような国家を求めていたか、何を理想としていたのかが見えてくる。 改元にまつわる各エピソードも楽しい。1239年に改元された「暦仁」は、「略人」(人々が死んでいなくなること)に通じるということから公卿の間で評判が悪かったり、1489年に改元された「延徳」の際には、応仁の乱の戦乱中だったこともあり、朝廷内で改元奉行を辞退する者が相次ぎ、改元の時期がずれこんだなどの逸話に触れることができる。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/26
    出版社
    徳間書店
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード