【最新刊】流星の消える日まで

流星の消える日まで

沖田円(著)/烏羽雨(絵)

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    繰り返す死から君を救うために。東京で自分の店をオープンさせるという大きな夢を抱き、アパレル業界でがんばってきたあずみ。だが、SNS上での出来事が原因で仕事を失い、実家がある田舎町へ帰ることに。 数年ぶりの地元に到着早々、あずみは幼馴染の太一とばったり再会する。幼い頃からどんな時もあずみの味方をしてくれた太一だが、高校生の時、太一に好意を寄せる女子生徒に嫌がらせをされてから疎遠になっていた。離れていた時間を感じさせない態度で接してくる太一に、夢を捨てた自分が情けなくて素直になれないあずみ。だが、やがて友人たちの後押しもあり、太一との距離は縮まっていく。 そんなあずみが最近気になっているのは、帰省した日から毎晩見ている夢。流星の降る夜、海辺で横たわる『誰か』の隣で泣き続けている――そんな奇妙な夢を繰り返し見ているのだ。そしてあずみは、太一の様子がどこかおかしいと気づくように。 流星群極大の夜、天体観測をするという友人の誘いで夜の海に向かったあずみと太一。星空の下で、あずみは夢の真実を知る――。 繰り返される死と嘆きの夢。流れる星はあずみと太一のどこへ導くのか。沖田円が描く再生と希望の物語!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/05/02
    連載誌/レーベル
    小学館文庫キャラブン!

    レビュー

    • 2019/05/04Posted by ブクログ

      円さんの新作やほーい!と張り切って買いに行ったら店頭になくて悲しくて思わずAmazonさんに頼ってしまったよ。頼りになるねAmazonさん。

      あぁ、これはまさしく沖田円の作品だなぁと思った。
      円さん...

      続きを読む
    • 2020/03/04Posted by ブクログ

      何度も繰り返し見る夢の内容は。
      心の奥底から互いを必要としていたからこそリンクした様な夢を見続けていたのだろうが、死の運命を捻じ曲げて生還した二人の絆は凄いな。
      オーナーにとって苦渋の決断だったのだろ...

      続きを読む

    セーフモード