死神執事のカーテンコール

栗原ちひろ(著)/山田シロ(絵)

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    死神執事と顔だけ探偵の謎ときファンタジー。役者くずれの猪目空我は、かつてスタイリッシュな探偵役で人気を博した美形男子。とくに探偵としての能力があるわけではないが、とある事情で俳優業を廃業した今、ほかにやれることもないので、見た目重視の雰囲気探偵事務所を開業することにした。そこで格安賃料で借りたのは、とある古い屋敷の一角。ちなみにこの屋敷の住人は謎めいた年若いお嬢様と、彼女のお世話をする美しい執事のみ。ここに怪しさ爆発の大家と店子が誕生した。 一方、お屋敷のお嬢様に仕える執事にも秘密があった。それは彼の正体が死神だということ。その特殊能力としては、まずはひとの寿命が見え、さらに幽霊の姿を見ることもでき、たとえば死にゆく人に願われた場合、三回だけ「カーテンコール」と呼ばれる延命に応じることができる。彼は仕事だけが生きがいの自称エリート死神なのだが、過去の仕事での唯一の汚点を払拭するため、執事姿で人間界に留まっているらしい。 三者三様、それぞれの利害が一致して、なし崩し的に空我と死神は心霊がらみの依頼を解決することになるのだが……。

    続きを読む
    • 死神執事のカーテンコール 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      死神執事のカーテンコール 全 2 巻

      1,320円(税込)
      13pt獲得

    レビュー

    • 2020/04/27Posted by ブクログ

      小気味よく、センスがある台詞回しのたのしさと共に、持ち込まれる謎の深さと押し付けがましくない結末が好き。思春期の気持ちの繊細さと青臭さのバランスが心地よくて好みだった。

    • 2020/01/31Posted by ブクログ

      カーテンコールと時限爆弾の話がよかった。
      同じようなことに悩んでいる人もいると思うし、
      悲しい結末にならないでよかったと思う。

      今作も執事とお嬢様、探偵の絡みが面白かった。

    • ネタバレ
      2019/05/13Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A002170274","price":"660"}]

    セーフモード