【最新刊】戦略で読み解く日本合戦史

戦略で読み解く日本合戦史

1冊

著:海上知明

850円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    「関ヶ原合戦は西軍が勝ったはずだ」。かつて関ヶ原合戦の両軍の布陣を見たプロイセン王国・ドイツ帝国のクレメンス・ヴィルヘルム・ヤーコプ・メッケル大佐はこう述べたといわれる。戦略と勝敗とは、はたしてどのような関係にあるのか。日本において「完璧な合戦」は存在したのか。「撤退の意義」、「強兵と弱兵」の定義とは何か。本書は日本史の一次史料にとどまらず、『孫子』やクラウゼヴィッツの『戦争論』など古今東西の戦略論を参照。勝つための戦略を生む思考のプロセスを分析する。日本合戦史の教訓を新たな視点から導く、まったく前例のない書。 【本書に登場する主な合戦】「平治の乱」―完璧な合戦/「一ノ谷合戦」「屋島合戦」「桶狭間合戦」―迂回と奇襲/小田原城の攻防―籠城と攻城/「三増峠合戦」「川中島合戦」―『孫子』対『孫子』/「沖田畷合戦」「長篠合戦」「雑賀攻め」―新兵器への幻想/「賤ヶ岳合戦」「箱根竹下合戦」―内線と外線

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/27
    連載誌/レーベル
    PHP新書
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/07/07Posted by ブクログ

      愚策でも勝ったら成功策とされる結果論の罠を戒める。兵農分離神話の否定。戦略の芸術としての川中島合戦。信長の偉大さは軍事的な凡才を自覚して相手より大きな兵力を整えるのを待つことができた点。義経愚将説。そ...

      続きを読む

    セーフモード