1本5000円のレンコンがバカ売れする理由(新潮新書)

野口憲一

777円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

霞ヶ浦のほとりのレンコン農家に生まれ、民俗学者となった若者が実家の農家を大変革。目玉は1本5000円と超破格の値段のレンコンだ。マーケティングと民俗学の知識を応用した戦略で、そのレンコンはニューヨーク、パリ、フランクフルトなどの高級和食屋で使われるだけでなく、注文を断るほどの「バカ売れ」に。「ブランド力最低の茨城県」から生まれた、日本農業の方向性を示す「逆張りの戦略ストーリー」。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード