【最新刊】ドゥ・ゴール

ドゥ・ゴール

著者:佐藤賢一

1,870円(税込)
1%獲得

18pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    先のみえない世界情勢が、いまドゥ・ゴール時代と符合する。「まだドゥ・ゴールは終わっていない」。彼の思想や業績は死してなお現在進行形である。強いフランスの威信を内外に訴えた大政治家の足跡を鮮やかに描く。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/26
    連載誌/レーベル
    角川選書
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • ドゥ・ゴール
      2020/03/25

      この本を読むまで、第二次世界大戦中のフランスといえば、ペタンのヴィシー政府と、イギリスで抗戦を訴えたド・ゴール、国内のレジスタンス、それで終わりだった。なぜフランスが堂々と安保理常任理事国なのかとか全...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • ドゥ・ゴール
      2019/10/05

      二度の失脚、二度の救国――。20世紀の政治家で、彼ほどドラマチックな挿話に満ちた人物はいない。1940年のパリ陥落の際、ロンドンに逃れ自由フランス政府を設立。BBCでレジスタンスを呼びかけるが、敵国ナ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • ドゥ・ゴール
      2019/08/25

      シャルル・ドゴールの名前は、パリで暮らしているときに日常的に目にしました。
      凱旋門のある駅はシャルルドゴールエトワール、国際線が発着するのはシャルルドゴール空港。第二次世界大戦におけるフランスの国難を...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード