【最新刊】俳句の五十年

俳句の五十年

高浜虚子 著

946円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    子規との出逢い、漱石との思い出、のちに俳風をめぐり対立した畏友、碧梧桐への敬愛ーー。退学と転校を繰り返した青春時代、引き継いだ「ホトトギス」の経営苦難など迷走と模索をし続けた日々と森鴎外、幸田露伴、黒岩涙香、柳田國男などとの交遊を振り返る。一九四二年、中央公論社から刊行された知られざる自伝を初文庫化。〈解説〉岸本尚毅 目次より「同窓学誌」と碧梧桐ベース・ボールと子規第三高等中学校入学碧梧桐上洛して同宿復校後第二高等中学校に転ず間もなく退学決行「小日本」の廃刊藤野古白の自殺子規の委嘱を辞退鴎外との関係露伴と私漱石と宮島に湖南の新婚旅行万朝報入社「ホトトギス」を主幹子規の死文章熱の勃興国民新聞に入る碧梧桐派と虚子派松山時代の漱石ヨーロッパの旅俳句の翻訳日本俳句作家協会の結成選者生活五十年善悪良否の標準文章の誘惑

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/26
    連載誌/レーベル
    中公文庫
    出版社
    中央公論新社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • 俳句の五十年
      2018/11/15

      高浜虚子の自伝であり、俳句の近代史とも呼べる一冊だと思います。虚子の視点から見た近代文学の文壇・俳壇が語られており、面白いです。

      Posted by ブクログ
    • 俳句の五十年
      2018/10/15

      解りやすい高浜虚子。
      正岡子規や夏目漱石らへんで彼の事は読み散らかして来ているので、ああ、知ってる知ってる、という内容ばかりです。が、やはり本人の筆・語りで綴られているので、また他の随筆作品に散々書い...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 俳句の五十年
      2019/03/11

      子規との出逢い、漱石との思い出、のちに俳風をめぐり対立した畏友、碧梧桐への敬愛。迷走と模索をし続けた日々を振り返る。〈解説〉岸本尚毅

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード