【最新刊】作家との遭遇―全作家論―

作家との遭遇―全作家論―

1冊

沢木耕太郎

1,584円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    書物の森の中で、あるいは酒場の喧騒の中で、心奪われる出会いをしてきた23名の作家たち。太宰治という天才への狂信と悔恨が檀一雄を『火宅の人』へと走らせたというように、彼らの新たな「素顔」を浮かび上がらせるその過程は、まさにスリリング。著者の原点、22歳の時に書かれた「アルベール・カミュの世界」も単行本初収録!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/05/03
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/02/19Posted by ブクログ

       沢木耕太郎の方法。問題や気がかりを見つける。たくさんの資料や作品を読みつくす。原因や理由の形が見えてくる。そこから書き始める。読み手は探偵気分だが、書き手の努力は生半可じゃない。
       「生きていること...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/01/13Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード