【最新刊】宇宙と宇宙をつなぐ数学 IUT理論の衝撃

宇宙と宇宙をつなぐ数学 IUT理論の衝撃

1冊

著者:加藤文元

1,728円(税込)
1%獲得

17pt(1%)内訳を見る

    望月新一教授による「宇宙際タイヒミュラー(IUT)理論」。未来から来た論文とも称された内容は世界中に驚きをもたらした。望月氏と、議論と親交を重ねてきた数学者が、その独創性と斬新さをやさしく紹介する。(目次)第1章 IUTショック 第2章 数学者の仕事 第3章 宇宙際幾何学者 第4章 たし算とかけ算 第5章 パズルのピース 第6章 対称性通信 第7章 「行為」の計算 第8章 伝達・復元・ひずみ

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/25
    連載誌/レーベル
    角川学芸出版単行本
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    4.4
    7
    5
    4
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/15Posted by ブクログ

      著者の本はいつもわかりやすい。IUT理論とは何なのかがなんとなくわかる構成になっている。第2章「数学者の仕事」も興味深い。IUT理論のもう少し突っ込んだ解説か、ABC予想の証明の概要か、どちらかがある...

      続きを読む
    • 2019/08/29Posted by ブクログ

      5/16日経新聞夕刊で竹内薫さんが激賞!
      数学の難問ABC予想を極めて分かりやすく。
      「私がここ数十年で読んだ一般向け数学本のベスト1」!

    • 2019/08/18Posted by ブクログ

      ほとんど数式なしで巧みな比喩で望月氏の大理論に迫っている.よくかけてるし,雰囲気はつかめる.それ以上を求めるのは専門家ではないと厳しいのだろうな.

    開く

    セーフモード