【最新刊】怪と幽 vol.003 2020年1月

怪と幽

3冊

著者:京極夏彦 著者:有栖川有栖 著者:近藤史恵 著者:乙一 著者:松村進吉 著者:荒俣宏 著者:小松和彦 著者:諸星大二郎 著者:高橋葉介 著者:押切蓮介 著者:東雅夫 著者:加門七海

1,980円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「怪と幽」第3号は、妖怪ブームに沸く台湾を特集。●特集 妖怪天国 台湾【インタビュー】何敬堯「台湾の妖怪と、妖怪ムーブメント」【紀行】村上健司「旅行のついでに立ち寄りたい 台湾の妖怪伝説地」【インタビュー】瀟湘神、NL、小波「臺北地方異聞工作室とは?」【怪談実話】瀟湘神「山の中に潜む恐怖 現代台湾魔神仔実話」【寄稿】伊藤龍平「台湾と日本の「妖怪」、くらべてみれば…… 概念の伝播、付与されるアイデンティティ」【寄稿】林巧「アジアのなかの台湾のお化け」【復刻】日影丈吉「騒ぐ屍体」【寄稿】東雅夫「華麗島に魅せられた文豪たち」【インタビュー】曲辰「台湾における妖怪/怪談文芸事情」【紀行】「日本と台湾の妖怪文化を繋ぐ 溪頭松林町妖怪村レポート」【エッセイ】池澤春菜、伊藤潤二、椎名誠、東山彰良「妖しき華麗島」●小説京極夏彦、有栖川有栖、近藤史恵、乙一●漫画諸星大二郎、高橋葉介、押切蓮介●論考/エッセイ荒俣宏、小松和彦、東雅夫、多田克己&村上健司、加門七海(新連載)●グラビアしきみ、芳賀日出男、佐藤健寿、台湾妖怪紳士録、国際日本文化研究センター新所蔵画図、怪食巡礼●怪談実話三輪チサ、吉田悠軌、小田イ輔●お化け友の会ひろばインタビュー 安達寛高 映画『シライサン』インタビュー ホセ・サナルディ『南米妖怪図鑑』対談 諸星大二郎×佐藤健寿『世界伝奇行』寄稿 本城達也『昭和・平成オカルト研究読本』レポート 宮本幸枝「不思議な宿」etc……

    続きを読む
    ページ数
    377ページ
    提供開始日
    2019/12/19
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸
    • 怪と幽 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      怪と幽 全 3 巻

      5,940円(税込)
      59pt獲得

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/19Posted by ブクログ

      すべてのお化け好きに贈る、エンターテインメント・マガジンがここに誕生!
      妖怪マガジン「怪」と怪談専門誌「幽」が劇的に合体し、ここに新雑誌「怪と幽」が誕生する。
      待望の新連載「遠巷説百物語」をはじめ、豪...

      続きを読む
    • 2019/08/28Posted by ブクログ

      お化け好きに贈るエンタテインメントマガジン。第2号は「ムー」とコラボ!
      特集 ムーと怪と幽

      https://www.kadokawa.co.jp/product/321812000161/

    • 2019/08/28Posted by ブクログ

      すべてのお化け好きに贈る、エンターテインメント・マガジンがここに誕生!
      妖怪マガジン「怪」と怪談専門誌「幽」が劇的に合体し、ここに新雑誌「怪と幽」が誕生する。
      待望の新連載「遠巷説百物語」をはじめ、豪...

      続きを読む

    セーフモード