【最新刊】日本人にとって聖地とは何か

日本人にとって聖地とは何か

内田樹/釈徹宗/茂木健一郎/高島幸次/植島啓司

1,584円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    多年、聖地巡礼を実践してきた内田樹と釈徹宗が、3名の碩学と争った聖地論争。脳科学、歴史学、宗教人類学の視点から「日本人と聖地」の関係性を探る!◎内容第I部 VS茂木健一郎「日本人における聖地とは?」第II部 VS高島幸次「大阪の霊的復興」第III部 VS植島啓司「日本の聖地の痕跡」

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/23
    出版社
    東京書籍
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(1件)
    • 日本人にとって聖...2020/03/22Posted by ブクログ

      聖地巡礼シリーズの鼎談集

      公開講座として、各講師を招いての話
      倭人は、海の民であること。
      大阪天満宮と将軍社の関係とか
      いろいろ面白いことはありました。
      でも、でそれが・・という感じも否めない気がし...

      続きを読む

    セーフモード