【最新刊】ねこほん 猫のほんねがわかる本

ねこほん 猫のほんねがわかる本

1冊

著:卵山玉子 監修:今泉忠明

1,210円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。★★愛してるから、ぜんぶ知りたい! ★★ほんわかマンガで学ぶ猫のきもち100問100答大人気マンガ家・卵山玉子さんと大人気動物学者・今泉忠明先生がタッグを組んだ、日本一くわしくて日本一くすっとくる猫のきもち読本です。●猫好きさんにヒアリングした「猫についての100のギモン」をQ&A方式で解明●『うちの猫がまた変なことしてる。』(KADOKAWA)の卵山玉子さんが、オールカラーのマンガを描きおろし●ハンディサイズのかわいい本で猫好きさんへのプレゼントにもぴったり! 主人公は、2匹の猫と暮らす夫婦。ほんわかゆるりと生きる夫婦に対して、猫たちはアクティブでゴーイングマイウェイ! どたばたで毛まみれで幸せな毎日のワンシーンを切り取りながら、それぞれの行動の裏に隠された猫のほんねを解説していきます。最新研究に基づく解説は、どれをとっても目からウロコ。なんで私たちはこんなにも猫が大好きなの?という「人が猫を愛する理由」にまで最新科学で切り込みます。【目次】1章 猫には猫のりゆうがある2章 かわいいのは生まれつき3章 猫どうしはちょっとフクザツ4章 嫌がらせしたいわけじゃない5章 猫ってだけでひとくくりにしないで<電子書籍について>※本電子書籍は同じ書名の出版物を紙版とし電子書籍化したものです。※本電子書籍は固定型レイアウトタイプの電子書籍です。※本文に記載されている内容は、印刷出版当時の情報に基づき作成されたものです。※印刷出版を電子書籍化するにあたり、電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。また、印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。株式会社西東社/seitosha

    続きを読む
    ページ数
    194ページ
    提供開始日
    2019/04/21
    出版社
    西東社
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    4.3
    3
    5
    2
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/30Posted by ブクログ

      登場する猫たちが可愛いし、飼い主の夫婦の猫好き館が
      微笑ましい。
      猫とお互いに幸せに暮らすには、猫のことをちゃんと
      知っていないとね。
      あー、ほんっと、猫ってなんて可愛いのだろう。
      うちに来てくれる子...

      続きを読む
    • 2019/06/08Posted by ブクログ

      今まで手にとった猫マニュアル(?)ジャンルの本の中で、一番かゆいところにも手が届いたし、腑に落ちることが多く読んで良かったです。
      章だてがスッキリしていて読みやすいし、何よりマンガの猫たちがいとおしす...

      続きを読む
    • 2019/05/28Posted by ブクログ

      卵山玉子のねこほんを読みました。

      猫のほんねがわかる本というサブタイトルがついています。
      よく見かける猫の行動の意味を解説したマンガでした。
      konnokは自宅で猫を飼っているので、ふむふむと思いな...

      続きを読む

    セーフモード