【最新刊】つい誰かに話したくなる 日本の教養・雑学大全

つい誰かに話したくなる 日本の教養・雑学大全

幸運社

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ◎会話の幅が広がり、一目置かれる人になる!職場での会話や商談の折に役立つ「雑談力」を上げるのは、案外難しいもの。本書はそんな「大人の雑談力」をイチ早く磨くために、知的好奇心を刺激する雑学、身につけておきたい教養を選りすぐりで集めてみた。・お客が「お愛想」と言うのはマナー違反?・雛飾りの男雛は左右どっちに並べる?・茶道の「裏千家」と「表千家」はどう違う?・どうして大相撲を「角界」と呼ぶの?・学年の境目はなぜ4月2日生まれなのか?・なぜ空海と最澄は袂を分かった?など、日本の言葉、文化、芸術からスポーツ、地理まで、幅広い117ネタを網羅。この1冊を読めば、あなたも楽しみながら「知識のひきだし」が多い人になれる!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/20
    連載誌/レーベル
    知的生きかた文庫
    出版社
    三笠書房
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    レビューコメント
    • つい誰かに話した...

      雑学でお腹いっぱい。 昔の日本ってけっこう中国の影響受けてたんだなーということを再発見しました。

    • つい誰かに話した...

      ☆☆ 軽く読める本である。拾い読みでも結構面白い。目から鱗の記事もいくつかあった。

    • つい誰かに話した...

      🌸トランプのJは家来のこと 🌸七五三は戦後乳児の死亡率が高く人が7歳頃まで生きられるかは神に委ねられていると考えられており不安定な時期を乗り越え無事成長した事を喜ぶ儀式だった 🌸謎解きを楽しむの...

      続きを読む

    セーフモード