マーベル映画究極批評 アベンジャーズはいかにして世界を征服したのか?

てらさわホーク

1,652円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

    忖度なし! 誰も書けなかった本邦“初”の「マーベル・シネマティック・ユニバース」評論書。期待すらされなかった無名のヒーロー映画から、世界を席巻する伝説が始まった!予算わずか1400万ドル。かつて倒産の危機に瀕したスタジオと、ドラッグで人生を棒に振りかけた役者が、無名のヒーロー映画『アイアンマン』で起死回生のヒットを飛ばす。ここから、厳格な管理体制を敷くディズニーの下で、無謀なプランだったはずの「マーベル・シネマティック・ユニバース」は拡大していく。ときにスタジオと役者・監督との間で軋轢が生じながらも、わずか10年でいかにして歴代No.1の映画シリーズとなったのか。MCUは、映画産業を、映像表現を、どう変えたのか。そして、映画のなかでヒーローたちはアメリカ社会の“何”と戦ってきたのか。アメコミ映画の第一人者・てらさわホークが、『アイアンマン』から『アベンジャーズ/エンドゲーム』までのMCU22作品と、マーベル映画がもたらした功罪を徹底評論する。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード