よこやり清左衛門仕置帳

著者:平谷美樹

748円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    小伝馬町の牢屋同心、清左衛門は、冤罪と思われる者を見つけだして町方の詮議に疑義を唱え、独自探索を行うことから「よこやり清左衛門」と呼ばれていた。そんな清左衛門の助役となった政之輔は、初出仕日に火付けの罪で入牢している昌造と面会する。無実を訴える昌造を助けるため真相究明に乗り出す2人だったが、やがて事件は幕閣の政争にまでたどり着き……。罪なき者を救うべく奔走する男たちの姿を描いた、感動時代小説!

    続きを読む
    • よこやり清左衛門仕置帳 全 2 冊

      未購入の巻をまとめて購入

      よこやり清左衛門仕置帳 全 2 冊

      1,496円(税込)
      14pt獲得
    新刊を予約購入する

    レビュー

    レビューコメント(2件)
    • 2021/06/17

      「江戸城、御掃除之者!」の作者、平谷美樹の作品。

      権現、徳川家康に牢屋の鍵番として、永代お勤めの証をもらった家柄。

      清左衛門は冤罪を掘り起こし、同心に恨まれている存在。ところが人扱いが厳しいためか...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2021/06/18

      鳥居耀蔵と、その手先の黒鍬者など胡散臭い登場人物たちが交錯する。
      南の同心左馬之介はここではすでに政之輔の友人となり、北町の遠山の金さん、火盗改の坪井さんともども、連携ができてくる2巻目。

      この作者...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード