【最新刊】渋沢栄一の「論語講義」

渋沢栄一の「論語講義」

1冊

渋沢栄一 編訳:守屋淳

682円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    “経営の神様”ドラッカーにも大きな影響を与えた渋沢栄一。その経営の背骨に据えた『論語』を、自身の波乱万丈の体験と、西郷、伊藤、大久保ら、偉人の思い出とともに語る。名講義、復活! “経営の神様”といわれ、その死後も大きな支持を受けるドラッカー。彼が日本を研究した際に、「企業の在り方」について、大きな影響を受けたのが、「日本の資本主義の父」渋沢栄一であった。その渋沢が、経営の柱として、人生の羅針盤として、終生、手放さなかったのが『論語』である。本書は、最晩年に、幕末の志士、西郷隆盛、大隈重信、山県有朋や、慶喜など徳川家の人々の思い出とともに語り、書籍として刊行された『論語講義』の現代語訳。混迷を極める現代、顧みるべきは、日本の繁栄の礎と造った渋沢栄一と、2500年以上にわたって読み継がれてきた『論語』なのである。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/19
    連載誌/レーベル
    平凡社新書
    出版社
    平凡社
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード