【最新刊】貞子

「貞子」シリーズ
1冊

著者:牧野修 原作:鈴木光司 脚本:杉原憲明

691円(税込)
ポイント 6pt

通常ポイント:6pt

日本で一二を争う最新治療が望める総合医療センターに、秋川茉優(あきかわまゆ)が臨床心理士として来たのは半年前のことだ。その病院に、記憶を失っていた少女が運び込まれたことから、怖ろしい物語が始まる。茉優の弟・和真(かずま)は自分の動画配信チャンネル『ファンタステイック・カズマ』を持っている。伸び悩む再生回数を増やそうと、最近放火事件がおき、多くの死者を出した団地に潜入。心霊動画の撮影を試みるのだが……。その後の和真、焼身自殺した女性と謎の少女の関係。鳥の啼く夜に次々と死んでいく人たち。二十年以上も前の貞子の呪いが復活したのか――。映画で語られなかった背景や登場人物たちのエピソード満載の充実のノベライズ。※本作品は映画「貞子」ノベライズです。映画本編とは一部内容が異なります。

続きを読む

同シリーズ 全1巻

レビュー

4
1
5
0
4
1
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/06/24Posted by ブクログ

    先に映画を観てから読みました。
    映画を見ながら、なんでこーなるの?とかちょっと物足りないなと思っていた部分をすべて埋めてくれています。
    いやー、面白かった。

  • 2019/05/28Posted by ブクログ

    映画ノベライズ。ってことで軽ーく読めるイメージだし、実際そうなのですが。さすがは牧野さん、おぞましさが全開です。
    だんだん「貞子」というキャラクターが一人歩きしているような気がする昨今ですが。ここで原...

    続きを読む

セーフモード