【最新刊】望み

望み

著者:雫井脩介

748円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    年頃の息子と娘を育てながら平穏に暮らしていた石川一登・貴代美夫妻。9月のある週末、息子の規士が帰宅せず連絡が途絶えてしまう。警察に相談した矢先、規士の友人が殺害されたと聞き、一登は胸騒ぎを覚える。逃走中の少年は二人だが、行方不明者は三人。息子は犯人か、それとも……。規士の無実を望む一登と、犯人でも生きていて欲しいと願う貴代美。揺れ動く父と母の思い――。心に深く突き刺さる衝撃のサスペンスミステリー。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/24
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2020/07/07Posted by ブクログ

      衝撃。
      高校生の長男が行方不明になった。一緒に行方不明になった交友関係のある男の子たちは合わせて4人。一人は遺体で見つかった。二人は遺体を捨てようとして車で事故を起こし、逃走中。わが子はどこにいるのか...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2020/07/07Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/07/07Posted by ブクログ

      行方不明の息子は加害者か被害者か、事件そのものも気になるし、それ以上に、父親と母親の心の動きが読み応えがあった。互いに心の中でどちらかを想定して望み、心を決めても迷い揺らぐ様がよく分かる。
      加害者か被...

      続きを読む
    開く

    セーフモード