【最新刊】人類最年長

人類最年長

1冊

島田雅彦

1,629円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

    江戸が東京になって、日露戦争、関東大震災、東京大空襲、そして平成の終わりまで、たったひとりで生き抜いた男がいた。男は1861年3月13日、横浜で生まれた。とても成長の遅い子どもで、3歳になるまでまともに歩けず、ゆっくりと時間をかけて成長してからは、人並みに結婚もした。何度も死に損なったけれど、それなりに人生を楽しんで、あらゆるものを見てきた。五千円札の女と懇意になったり、朝鮮人狩りから少女を救ったり、ヤミ市の少年たちに自活の道を施したり、不死化細胞の研究に協力させられたり、数奇な運命とともに生きた。この男、159年にも及ぶ人生最後の望みとは?30歳の女性看護師に何を託すのか。さあ、夢見るようなタイムスリップが始まる!文壇の鬼才が世に問う、圧倒的なイマジネーションと構築力による衝撃の書。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/12
    連載誌/レーベル
    文春e-book
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード