【最新刊】カッティング・エッジ

リンカーン・ライム

ジェフリー・ディーヴァー/池田真紀子・訳

2,200円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『ボーン・コレクター』のリンカーン・ライム・シリーズ最新作!ダイヤへの妄執を紡ぐ殺人者――ニューヨークを揺るがす大犯罪を暴け。シリーズ原点回帰の傑作。ダイヤモンド店で三人の男女が無惨に殺害された。被害者は婚約指輪を受けとりにきたカップルとダイヤ加工職人。現場からはダイヤモンドも持ち去られていた。科学捜査の天才リンカーン・ライムが捜査を担当することになるも、犯行直前に店を訪れた人物が殺害され、さらにはやはり結婚間近の男女がダイヤモンドへの妄執を口にする男に襲撃され、辛くも難を逃れる事件が起きる。連続する事件に振り回されるライムらのもとに、「プロミサー」と名乗る人物から、婚約したカップルへの異様な殺意を表明するメールが届いた。犯人は関係者を次々に殺害しながら、逃走する目撃者のあとを追う。犯人より先に目撃者を確保すべく、ライムと仲間たちは必死の推理と捜査を展開するが――。ダイヤモンドをめぐる連続殺人は、やがて、ニューヨークを揺るがす大犯罪へとつながってゆく。後半にさしかかるや、意外な事実が次々に明かされ、事件の様相はめまぐるしく更新される。名探偵VS完全犯罪計画の醍醐味を徹底追求した、第14作。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/10/10
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    ミステリー
    • リンカーン・ライム 全 21 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      リンカーン・ライム 全 21 巻

      18,382円(税込)
      183pt獲得

    レビュー

    • 2014/12/05Posted by ブクログ

      最近読んだ本で、大変面白かった本を紹介したいと思います。
      ジェフリー・ディーヴァーの『ウォッチ・メーカー』
      (池田真紀子訳、文春文庫、上下)です。
      2007年の推理小説ナンバーワンとして好評だったので...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2008/09/01Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2016/05/12Posted by ブクログ

       事件現場に不気味な時計を置いていく連続殺人鬼”ウォッチメイカー”とリンカーン・ライムたちの戦いを描くサスペンス。

       リンカーン・ライムシリーズの中でも評価が高い作品だけあって、上巻から面白いです!...

      続きを読む
    開く

    セーフモード