竜馬がゆく(八)

40%OFF

司馬遼太郎

712円426円(税込) 4/21まで

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    土佐の郷士の次男坊に生まれながら、ついには維新回天の立役者となった坂本竜馬の奇蹟の生涯を、激動期に生きた多数の青春群像とともに壮大なスケールで描きあげる。総発行部数2500万部超! 司馬遼太郎の永遠のベストセラーが半世紀の時を経て、電子版で新たによみがえる!第8巻/慶応三年十月十三日、京は二条城の大広間で、十五代将軍徳川慶喜は大政を奉還すると表明した。ここに幕府の三百年近い政権は幕を閉じた。時勢はこの後、坂を転げるように維新にたどり着く。しかし竜馬はそれを見とどけることもなく、歴史の扉を未来へ押しあけたまま、流星のように……。「竜馬がゆく」遂に完結!

    続きを読む
    • 竜馬がゆく 全 8 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      竜馬がゆく 全 8 巻

      3,408円(税込)
      34pt獲得

    レビュー

    4.6
    165
    5
    111
    4
    44
    3
    9
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/11/29Posted by ブクログ

      いよいよ最終巻。討幕運動は大団円を迎え、もちろん竜馬は最後、その生涯を閉ざすことになるわけです。竜馬の最期を知っていながら読んでいると、大政奉還がなるのか命が尽きるのか、運命と競争しているような生き様...

      続きを読む
    • 2019/08/14Posted by ブクログ

      ついに読了。
      明治維新の中核をなす施策の大半が竜馬のアイデアから生まれており、その何割かはまさに彼の提案したそのまま実行されたということを本シリーズを読んで初めて知りました。
      そこまで偉大な業績なのに...

      続きを読む
    • 2019/06/03Posted by ブクログ

      もしかしたら、この巻は無くても良いのかもしれない。
      竜馬の集大成なのだけど、でもどちらかというと、もう竜馬のやるべきことは全部終わっていて、あとは事が成るのを見ているだけな気もする。
      この世から去る前...

      続きを読む
    開く

    セーフモード