【最新刊】卵子老化の真実

卵子老化の真実

1冊

河合 蘭

921円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    いくら外見が若くても卵子の老化は止められない。そんな悩みを抱えている30代40代の女性たち。35歳の妊娠力は20代の半分に低下、卵子の老化は染色体異常や流産も増加させます。出産の現場を20年以上取材してきた著者と一緒に取材して驚いたのは、顔なじみの助産師や医師が率直に本音を話してくれること。これも著者の真摯な人柄ゆえでしょう。取材に費やした時間は3年超。「本当のところ何歳まで産めるの?」30代40代のみならず将来が不安な若い女性から娘さんや奥さんの体が心配な方まで幅広くお勧めします。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/22
    連載誌/レーベル
    文春新書

    レビュー

    3.8
    6
    5
    2
    4
    2
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/10/18Posted by ブクログ

      [図書館]
      読了:2017/9/5

      昔の人は若い頃から生み続けて40歳近くまで生んでいた。
      「卵子の老化」という言葉が一人歩きして、高齢出産から生まれた子供=老化した卵子からできた子供という認識を持...

      続きを読む
    • 2017/06/20Posted by ブクログ

      高齢出産のデメリットだけが語られているのではなく、高齢出産について客観的にどのような問題点があり、実際のリスクはどのようなものなのか、逆にどのような良い点があるのかについてもしっかり語られている。
      ...

      続きを読む
    • 2014/09/09Posted by ブクログ

      【35歳の妊娠力は20代の半分!】日本人の平均初産は30.3歳。高齢出産の現場で何が起きているか。出生前診断から卵子の在庫検査まで衝撃の「卵子の老化」最前線。

    開く

    セーフモード