【最新刊】世に棲む日日(四)

世に棲む日日

司馬遼太郎

611円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    動けば雷電の如く、発すれば風雨の如し。高杉晋作はわずか八十人で兵を挙げ、長州藩のクーデターを際どく成功させる。幕府は慶応二(1866)年、長州藩を圧し潰そうと天下の兵を糾合し、藩の四方から進攻するが、時運はすでに移り変わっていた。維新の曙光をその目に認める高杉。しかし彼は肺を病んでいた――。『世に棲む日日』最終巻。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/22
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    歴史・時代
    • 世に棲む日日 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      世に棲む日日 全 4 巻

      2,444円(税込)
      24pt獲得

    レビュー

    • 2015/03/24Posted by ブクログ

      (2015.01.20読了)(2013.06.15購入)
      【杉文とその周辺】
      1854年のペリーの米国艦隊の日本への再訪から1862年の晋作の上海洋行あたりまでが書かれています。
      松陰は、密航を企て、...

      続きを読む
    • 一巻2015/03/24Posted by ブクログ

      (2015.01.11読了)(2013.06.15購入)
      【杉文とその周辺】
      この物語は、長州藩の物語です。第1巻は、吉田松陰を中心に述べられています。
      吉田松陰の母のことから始められています。本を読...

      続きを読む
    • 2015/03/22Posted by ブクログ

      (2015.03.19読了)(2013.06.15購入)
      この巻で活躍するのは、井上聞多と高杉晋作といったところでしょうか。
      その次が、西郷吉之助と伊藤俊輔で、重要な役回りは、来島又兵衛かな。
      それに...

      続きを読む
    開く

    セーフモード