【最新刊】街場のアメリカ論

街場のアメリカ論

内田樹

649円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ウチダ先生が今回俎上に載せるのは、ズバリ「アメリカ」。私たちが「アメリカの圧倒的な力」と思いなしているものの一部は、明らかに私たちがつくり出した仮象である――。本作のベースとなっているのは大学院の演習での講義と、聴講生たちとの対話。ファストフード、アメリカン・コミックなど身近な題材から始めつつ、いつしか本質に迫るウチダ節が炸裂! アメリカを論ずることで、「日本らしさとは何か?」が見えてきます。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/22
    連載誌/レーベル
    文春文庫

    レビュー

    レビューコメント(49件)
    • 街場のアメリカ論
      2011/01/02

      わたしは、「関連付けて考える」ということが苦手。

      だから世界史も「アジア史」「ヨーロッパ史」「アメリカ史」などなどを一辺倒に覚えて、横のつながりを考えることが出来なかった。
      馬鹿なんです。

      今現在...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 街場のアメリカ論
      2011/09/21
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • 街場のアメリカ論
      2010/12/04

      考えてみれば、今までアメリカ論みたいなのってアメリカ人か日本人からのものしか見たり、聞いたりしたことが無いと思う。この本では、フランス人のアレクシス・ド・トクヴィルの本が紹介されており、時間が経っても...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード