【最新刊】仏教シネマ

仏教シネマ

釈徹宗/秋田光彦

649円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    映画にはなぜ、お葬式のシーンが多いのか? 気鋭の宗教学者・釈徹宗師の問いから始まった対談。お相手は日本で一番若者が集まるお寺・應典院住職にして、かつては映画プロデューサーだった秋田光彦師。2人の“怪僧”が映画の中の生老病死、そして葬儀を手がかりに、人生の苦しみといかに向き合うかを説きます。とりあげる映画は『秋日和』から『永遠と一日』まで、全110本。読めば必ず観たくなる!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/22
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    • 2020/07/13Posted by ブクログ

      TSUTAYAの宅配DVDの予約リストがすごく長くなった。
      全部見終えるのはいつになることか・・・

      ごく最初の方に、「映画は映画館で見るもの」と書かれているのに、すみません。旧作なので許してください...

      続きを読む
    • 2020/07/13Posted by ブクログ

      映画好きのお坊さん(しかもお一方は石井總互監督作品等を手がけていた方)が、古今東西の映画に宗教的エッセンスを見出し、それをアテに宗教の意義や死生観等を語り合う本。選ばれている作品が実にバラエティ豊かで...

      続きを読む
    • 2020/07/13Posted by ブクログ

      暇つぶしに買ったけど面白い。出てくる映画が古い名作が多かったので、見てない映画を見るためにTSUTAYA通いとネット通販にハマってしまった。本文中に映画は映画館で観るもの〜とあったけど読んでるとどうし...

      続きを読む
    開く

    セーフモード