【最新刊】漂流者

漂流者

折原一

921円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    折原一の傑作群「――者」シリーズ、今回の舞台は“洋上の密室”だ。妻と担当編集者の3人でダイビングに出かけた人気推理作家、風間春樹。潜水中の事故で助けを求めたが、不倫関係にあった2人に見捨てられる。風間は流れ着いた島から自力で無人ヨットに辿り着いたが――。航海日誌、口述テープ、新聞記事等に仕組まれた恐るべき騙しのプロット。衝撃のエピローグまで一気読み必至!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/22
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    • 2011/07/26Posted by ブクログ

      アガサ・クリスティー『そして誰もいなくなった』やニコラス・ブレイク『野獣死すべし』を思わせる展開。というか、明らかに2作品を意識しているかもしれない。
      こういう海洋復讐ミステリはいいですなあ。それにし...

      続きを読む
    • 2011/08/06Posted by ブクログ

      サバイバル+サスペンス。
      サスペンス部分はなんか伏線の張り方がバレバレ過ぎて、かなり最初のほうでオチが丸見えなんですが、サバイバル部分の描写はすごい。風呂で読んでたら、本当に死にそうな気分になった。

    • 2011/01/24Posted by ブクログ

      もの凄く久しぶりの折原一作品でした。
      この作中作とか手記とか、目まぐるしく
      変わる視点とか折原作品っぽくて
      懐かしかったスw。
      どう読んでも勘ぐるしかない文章や
      構成は面白いんだけど疲れるんですよねー...

      続きを読む
    開く

    セーフモード