【最新刊】美は乱調にあり

美は乱調にあり

柴門ふみ/原作・瀬戸内寂聴

1,017円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

大正期最大のアナーキストにして、危うい魅力を放ち幾多の女性と浮名を流した大杉栄。彼の妻となり、共に甘粕事件で虐殺された「青鞜」最後の編集者伊藤野枝。女性の自立を志し、大いなる愛と情熱を胸に時代を駆け抜けた野枝と「青鞜」の女たちに刺激を受けて「『東京ラブストーリー』の赤名リカのキャラクターを考えた」と言う柴門ふみさんが、瀬戸内寂聴さんの原作を漫画化。大胆で情熱的で野性的な女たちが、時を超えていきいきと描かれます。

続きを読む
ページ数
255ページ
提供開始日
2019/04/22
連載誌/レーベル
文春e-book
出版社
文藝春秋
ジャンル
青年マンガ
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューコメント(8件)
  • 美は乱調にあり
    2020/01/24
    ネタバレ
    この内容にはネタバレが含まれています
    Posted by ブクログ
  • 美は乱調にあり
    2014/08/07

    長嶋有さんがテレビで紹介していたので読んでみる。

    進歩的という思想に囚われたがために、自由恋愛を強要される女性たち。
    しかし、自由恋愛が生み出すのは、結局男性の優位に過ぎず、むしろより前時代的な男性...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 美は乱調にあり
    2016/04/17

    文学史を学んでいたけれどこの漫画に出てきた青鞜の作り手にこんなストーリーがあったとは……知らなかった自分が恥ずかしい。
    昔の日本にもこういった人がいたんですね。現在もどちらかというとフリーラブ的な考え...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード