【最新刊】パーク・ライフ

パーク・ライフ

吉田修一

468円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    昼間の公園のベンチにひとりで座っていると、あなたは何が見えますか? スターバックスのコーヒーを片手に、春風に乱れる髪を押さえていたのは、地下鉄でぼくが話しかけてしまった女だった。なんとなく見えていた景色がせつないほどリアルに動きはじめる。『東京湾景』の吉田修一が、日比谷公園を舞台に男と女の微妙な距離感を描き、芥川賞を受賞した傑作小説。役者をめざす妻と上京し働き始めた僕が、職場で出会った奇妙な魅力をもつ男を描く「flowers」も収録。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/22
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(347件)
    • パーク・ライフ2014/03/17Posted by ブクログ

      さぁいざレビューを書こう…と思い立ったものの書けない。むしろ好きなタイプの小説で、「吉田修一の書いた本をもっと読みたい!」という強い衝動に駆られているぐらいなのだが、いかんせん書けない。はて、これは一...

      続きを読む
    • パーク・ライフ2016/05/10Posted by ブクログ

      表題の「パーク・ライフ」と「flowers」の二作とも、テーマや作風は似た印象を感じた。
      中身や展開はかなり違うのだけれど、主人公がどうしたところで結果は変わらないことや、例え変化があってもそれは誰か...

      続きを読む
    • パーク・ライフ2010/12/16Posted by ブクログ

      内容(「BOOK」データベースより)
      公園にひとりで座っていると、あなたには何が見えますか?スターバックスのコーヒーを片手に、春風に乱れる髪を押さえていたのは、地下鉄でぼくが話しかけてしまった女だった...

      続きを読む
    開く

    セーフモード