【最新刊】信長の血統

信長の血統

山本博文

847円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「時代の改革者」「革命児」の異名をとる日本史上の傑物といえば、織田信長をおいて他にいない。しかし天下統一の夢半ばの天正十年、本能寺の変に斃れ、49年の生涯を閉じる。その遺志は、秀吉、そして家康に受け継がれた。彼らが天下取りへの錦の御旗に掲げたものは何だったか? 稀代の改革者の血は、どこへ流れたのか? 日本エッセイスト・クラブ賞受賞者で東大教授の山本博文氏が、戦国時代の権力継承の仕組みを解き明かし、信長一族や末裔が辿った運命を克明に描く。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/22
    連載誌/レーベル
    文春新書
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    • 2019/07/07Posted by ブクログ

      天下統一目前で逝った織田信長。その一族や血統の運命は如何に?
      第一章 信長の達成・・・織田政権の全国統一への道程。
      第二章 織田政権の崩壊と再建・・・本能寺の変~清須会議。
      第三章 織田信孝の「謀叛」...

      続きを読む
    • 2013/01/06Posted by ブクログ

      女性優位のスポーツ界において、私が知る限りで男性も活躍したスポーツの1つにフィギィアスケートがありますが、数年前に織田家の血を引くと言われる織田信成氏がいることを知りました。「信」という諱に興味が引か...

      続きを読む
    • 2012/10/19Posted by ブクログ

      戦国動乱の世、その「血」を握る者のみが支配者であった。
      本能寺の変で斃れた信長、あとを襲った秀吉、家康。
      全国統一の支配権力は、こうして生まれた。
      時代を超えた「革命児」の意志と、末裔たちの盛衰を描く...

      続きを読む
    開く

    セーフモード