ニッポン貧困最前線 ケースワーカーと呼ばれる人々

久田 恵

600円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    格差社会と言われる前から、低く深いところで「見えない貧困」は渦巻いていた。生活保護の第一線に立つのは、地方自治体のケースワーカーだ。政府からは予算を削られ、マスコミには不正受給/不適切な対応と叩かれる狭間で、彼らは貧困層とじかに向き合ってきた。都内のK福祉事務所、札幌の母親餓死事件の真相、炭坑閉山から親子代々の受給も目立つ福岡・田川のケース。矛盾を抱えながら、必死に制度を機能させてきたケースワーカーの生々しい現場を紹介する。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード