夏草の賦(上)

司馬遼太郎

611円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    英雄豪傑が各地に輩出し、互いに覇をきそいあった戦国の世、四国土佐の片田舎に野望に燃えた若者がいた。その名は長曽我部元親。わずか一郡の領主でしかなかった彼が、武力調略ないまぜて土佐一国を制するや、近隣諸国へなだれ込んだ。四国を征服し、あわよくば京へ……。が、そこでは織田信長が隆盛の時を迎えんとしていた。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード