【最新刊】翔ぶが如く(十)

翔ぶが如く

司馬遼太郎

702円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    薩軍は各地を転戦の末、鹿児島へ戻った。城山に立て籠る兵は三百余人。包囲する七万の政府軍は九月二十四日払暁、総攻撃を開始する。午前七時すぎ、西郷隆盛は二発の小銃弾を体に受ける。一度倒れ、起き上がった西郷は、薩軍幹部・別府晋介をかえりみて言った。「晋ドン――」。そしてその翌年、大久保利通もまた――。激動の時代、ここに終熄。『翔ぶが如く』完結巻。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/22
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    歴史・時代
    • 翔ぶが如く 全 10 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      翔ぶが如く 全 10 巻

      6,536円(税込)
      65pt獲得

    レビュー

    • 2012/03/14Posted by ブクログ

      何年か前、誕生日に父親が全巻送ってくれた時は びっくりしたものですが、全10冊。時間かかった。。。あしかけ、3年はかかったんじゃないでしょうか。9巻くらいはここ数か月で読んでしまったわけですが、とにか...

      続きを読む
    • 2012/08/07Posted by ブクログ

      「やべーいつ挫折するんだろう!」と恐る恐る読み始めてみたけど、ところがぎっちょん。
      最初はどんな牛歩戦術かと思ったけど、後半になればなるほど面白い。
      6巻あたりから面白くなってくるので、それまではひた...

      続きを読む
    • 2009/11/01Posted by ブクログ

      全巻通読後のレビュー。

      全10巻という超大作であるが、もともと毎日新聞に連載された小説であるから、多々同じ記述が見られる。

      しかしながら、明治維新後の日本の姿を鳥瞰的手法で世界史と関連付けて論...

      続きを読む
    開く

    セーフモード