【最新刊】追撃の森

追撃の森

ジェフリー・ディーヴァー/土屋 晃

1,018円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    二人の女vs.二人の殺し屋、夜明けまでの死闘!通報で森の別荘を訪れた女性保安官補ブリンを、殺し屋の銃撃が襲った。現場で出会った女を連れ、ブリンは深夜の森を走る。無線はなく、援軍は望めない。二人の女対二人の殺し屋。暁の死線に向け、知力を駆使した戦いが始まる。襲撃、反撃、逆転、再逆転――その結末は? 天才作家が腕によりをかけて描いた超緊迫のサスペンス。国際スリラー作家協会最優秀長篇賞受賞作。2012年週刊文春ミステリーベスト10第8位。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/22
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    3.5
    70
    5
    11
    4
    27
    3
    24
    2
    6
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2013/03/03Posted by ブクログ

      女性警官が深夜の森林をひた走るスリリングな作品。
      ジェフリー・ディーヴァーの久々のノン・シリーズです。

      ブリン・マッケンジーは、ウィスコンシン州の女性保安官補。
      家庭でくつろいでいた夜、通報で一人、...

      続きを読む
    • 2012/07/13Posted by ブクログ

      面白かった〜〜〜!!!


      あたしが日本の作家を好むのは、小説世界との距離感につきる。
      いわゆる海外翻訳ものには、残念ながら完璧に入り込むことが出来ないから。

      例えば主人公が口にする飲み物、食べ物ひ...

      続きを読む
    • 2012/07/15Posted by ブクログ

       通報をうけ、森の別荘地のきた女性警官は、殺し屋から追われる女性と共に深い森を逃げる。
       通信手段も、武器もない彼女たちを、冷酷な殺し屋二人が追い詰める。

       ディーヴァーのノンシリーズ。
       まさに、...

      続きを読む
    開く

    セーフモード