乳と卵

川上未映子

437円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2008年の第138回芥川賞受賞作! 娘の緑子を連れて大阪から上京してきた姉でホステスの巻子。巻子は豊胸手術を受けることに取りつかれている。緑子は言葉を発することを拒否し、ノートに言葉を書き連ねる。夏の三日間に展開される哀切なドラマは、身体と言葉の狂おしい交錯としての表現を極める。日本文学の風景を一夜にして変えてしまった傑作。

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/10/03Posted by ブクログ

      女性は大変だとよく思う。すごいなって。女性は必ず体調の波がある。
      不調でもそれをおくびにも出さないで仕事してたり、日々の生活をしてる。
      男たちの気づかないうちに薬箱のバファリンを減らしながら。

      豊胸...

      続きを読む
    • 2014/03/19Posted by ブクログ

      「わたくし率 イン 歯ー、または世界」を読んで、川上未映子は読みにくかった印象があるので、ずっと敬遠していたが、そんな僕に先日友人が「川上未映子の中では1番綺麗に纏まってるから」と勧められて、購入、読...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2011/05/05Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード