【最新刊】男性論 ECCE HOMO

男性論 ECCE HOMO

ヤマザキマリ

827円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    映画化もされた大ヒット漫画『テルマエ・ロマエ』の作者が、古今東西の「いい男」たちの魅力を語り尽くす!古代ローマ、ルネサンス、そして現代。先進的な文明や数々の芸術作品を生んだエネルギッシュな時代には、いつも知的好奇心あふれる熱き男たちがいました。ハドリアヌス、プリニウス、フェデリーコ2世(フリードリヒ2世)、ラファエロ、そしてスティーブ・ジョブズ、安部公房。共通するのは、既存のあり方に捉われず、新たな次元を切り拓いたボーダレスな男たちであるということです。彼らの魅力を語るうち浮かび上がるのは、負けず劣らずボーダレスに生きてきたヤマザキさん自身の半生。次なるルネサンスの種をまき、時代を切り拓くためのヒントが詰まったパワフルな一冊です。ヤマザキさん直筆イラストも多数収録!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/22
    連載誌/レーベル
    文春新書
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    • 2014/01/10Posted by ブクログ

      ヤマザキマリさんのエッセー漫画を愛読していたのですが、最近、NHKに出演される姿をみてハスキーな声とともに「カッコいい」女性だなあと認識していました。そこで、手に取ってみたのですが、『男性論』というタ...

      続きを読む
    • 2013/12/31Posted by ブクログ

      自分自身で時間をかけて『辞書』を作り上げて行く。これが人生ですね。
      ヤマザキマリさんの人生観についての本でした。私は彼女ほどしっかりはしていませんが、同じ人生観を持ってます。特に若い人はどんどん外に出...

      続きを読む
    • 2014/02/17Posted by ブクログ

      ヤマザキさんの男性のタイプはまさに私のタイプ。変人だけど、頭かキレッキレな男性のオンパレードで、読んでいる時間は胸のワキワキメキメキ感が止まらなかった。男性論もよかったが、最後に出てくる女性論も面白い...

      続きを読む
    開く

    セーフモード