【最新刊】「大発見」の思考法 iPS細胞 vs. 素粒子

「大発見」の思考法 iPS細胞 vs. 素粒子

山中伸弥/益川敏英

913円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2012年ノーベル医学生理学賞受賞の山中伸弥教授と、2008年ノーベル物理学賞受賞の、益川敏英教授の対談集。トップクォークの存在を予言した物理学者と、世紀の偉業と言われるiPS細胞の生みの親。日本最高の頭脳が全てを語り合った! 大発見はどうやって生まれるか? 生命の神秘はどこまで解明できるのか? やっぱり一番でなきゃだめ。神はいるのか? 考えるとは感動することだ! 意外な素顔や挫折体験など知的刺激の詰まった1冊。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/22
    連載誌/レーベル
    文春新書
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    • 「大発見」の思考...2011/04/29Posted by ブクログ

      (2011.04.19読了)(2011.04.15借入)
      *山中伸弥さん、2012年度ノーベル医学・生理学賞受賞*
      物質を構成する最小の単位である素粒子の研究でノーベル物理学賞を受賞した益川敏英さんと...

      続きを読む
    • 「大発見」の思考...
      ネタバレ
      2012/11/01Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 「大発見」の思考...2012/10/15Posted by ブクログ

      山中伸弥さんのノーベル賞受賞の一報を知って
      図書館に予約入れたらすぐ読めました
      ノーベル物理学賞を獲った益川敏英さんと今をときめくiPS細胞の生みの親・山中伸弥さんの対談集。
      対談自体は2010...

      続きを読む
    開く

    セーフモード