【最新刊】生誕祭(下)

生誕祭

馳 星周

774円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    世間はまだ、バブルの熱に浮かされ続けていたが、近いうちに地価も株価もガラスの天井にぶつかることを予測した齋藤と彰洋。手に入れた土地と株の売り逃げをして大金をつかみ、ニューヨークのど真ん中にビルを建て、自分たちの王国をつくる──夢を叶えるため、自分の恋人にも嘘を塗り重ねてマネーゲームに奔走する。騙し欺かれて、疲れ果てた彰洋は、次第にコカインとセックスに溺れていく。この狂ったゲームの果てに金を手に入れるのは、彰洋か、麻美か、齋藤か!?

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/22
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    文芸
    • 生誕祭 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      生誕祭 全 2 巻

      1,599円(税込)
      15pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(12件)
    • 2009/06/14

      スキだね。
      すごいスキだと久々にさけびたいくらい。


      舞台はバブル期なんだけれども、そこで繰り広げられる
      土地をめぐる命とかお金とか女とかプライドとかすべてを
      ひっくるめた感じで、時代の切迫感がたま...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2011/01/24

      馳星周の作品は読み進めば進むほど主人公たちが泥沼へと嵌っていく。その嵌り方が読者を惹きつけてはなさない。『生誕祭』においても、金、名誉を巡り彰洋、美千隆、麻美それぞれの思惑が錯綜しあっという間に読めて...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2008/04/30

      馳星周、初挑戦の小説。

      いやもうこれはすごい。

      読んでいてどんどんその世界にひきこまれていく、
      やめられない。
      やっぱり、「上」「下」は嬉しい。

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード