【最新刊】深淵のガランス

深淵のガランス

北森鴻

621円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    花師と絵画修復師、2つの顔を持つ男画壇の大家の孫娘の依頼で佐月は、いわくつきの傑作を修復することに。パリの街並の下に隠されていたのは!? 表題作ほか2篇

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/22
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2011/12/19Posted by ブクログ

      花師と絵画修復師という二つの顔を持つ男が修復を依頼された絵画にまつわる謎を解いていくシリーズの第1弾。旗師冬狐堂が脇役として顔をだし著者お得意の他シリーズとのリンクが成り立つ世界の物語だ。そして私にと...

      続きを読む
    • 2010/08/13Posted by ブクログ

      東銀座に事務所をかまえ、花師と絵画修復師の二足の草鞋を履く
      佐月恭壱は「確かな筋」から受けた仕事でありながら
      何故かトラブルに巻き込まれる。
      美を巡る世界に巣食う魑魅魍魎はどこにでも顔を出す。

      オリ...

      続きを読む
    • 2009/04/16Posted by ブクログ

      ゼミを思い出す。
      『深淵のガランス』は作品(元ネタ)があるのか題名がしっくり来なかった。
      深淵の〜の言語イメージに付随して視覚的に赤がくるとは思えない。
      表紙はもっと深い赤がよかったなぁ。
      双識ぽいイ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード