【最新刊】昭和史裁判

昭和史裁判

1冊

半藤一利/加藤陽子

753円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「軍部が悪い」だけでは済まされない。松岡洋右、広田弘毅、近衛文麿ら70年前のリーダーたちは、なにをどう判断し、どこで間違ったのか――昭和史研究のツートップ、半藤一利さんと加藤陽子(東大教授)さんが、あの戦争を呼び込んだリーダー達(番外として昭和天皇)を俎上に載せて、とことん語ります。あえて軍人を避けての徹底検証は本邦初の試み! 開戦責任を改めて問う、白熱の歴史討論。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/22
    連載誌/レーベル
    文春文庫

    レビュー

    3.7
    9
    5
    1
    4
    5
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/12Posted by ブクログ

      日中戦争に関しては、トラウトマン工作がひとつのターニングポイントであったと思うが、陸軍が講和を望んでいるのに政府が戦争を止めさせないというのがどうも理解できなかった。が、本書によると、日中戦争が終わっ...

      続きを読む
    • 2018/12/09Posted by ブクログ

      広田弘毅、近衛文麿、松岡洋右、木戸幸一、昭和天皇を取り上げ、戦争に至る道に軍人以外の人々がどのように関わっていったのか、半藤氏が検事役、加藤氏が弁護役となり大いに語る。

    • ネタバレ
      2016/02/20Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード